タグ:Kentmere_VCselect ( 4 ) タグの人気記事

源池銀塩プリント部(仮称)-ひと月振り

今日はひと月振りの暗室での銀塩プリント。
第5回の部会だ。
部員の一人が入院&手術ということで二人の活動ではあったが
プリントはやはり楽しい。
覆い焼きのツールをつくるのも。
段階露光から条件を決めるのも。

部員は3人なので早く元気に戻ってきてもらいたい。

プリント→プリントスキャンはうーんという感じではあるが
記録としてここに残しておこう。

d0136460_20371255.jpg

d0136460_20371266.jpg

[PR]
by aloha43 | 2013-08-31 20:40 | EL-Nikkor 75/4

増感したフィルムを焼いてみた #teamfilm

昨日UP分は2段増感の割にそれを感じさせない仕上がりで
自分の知ってる増感フィルムと違うもんで、ありゃりゃとなったが
今日改めて見てみると
2段増感でもそこそこ低コントラストだし、ある程度の階調性も保ってるし
粒状性もそんな悪くないってことで
高感度フィルムとして考えれば十分実用域なんじゃないか?と思いなおした。

なんだが、もうちょい荒れた感じの如何にも増感てのも味があって良いよな。
なんて考えて今日暗室でそんな感じのネガを焼いてみた。
紙焼きスキャン
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

随分前に撮ったやつ(ネガ)
Kodak Tri-X(400TX) EI3200(実に3段増感!)
D-76 1+1 20℃ 16min
粒状感ありありの高コントラストだが、なかなかの味に思えるのは自画自賛ってもんか?
d0136460_14484249.jpg


今日は時間切れだったがストレート焼きとしては概ね満足。
なんだが、0号で試し焼きする限りもうちょっとディテールが残ってるみたいなんで
次回の暗室では覆い焼きでシャドーをもうチョイ出してみたい。
[PR]
by aloha43 | 2013-07-07 15:03 | Componon-S50/2.8

源池銀塩プリント部(仮称)-楽しいわ(^^)

銀塩プリント部も第3回目の部会となった。
部員は自分を入れて3人で、私以外はニコ爺だ。
焼き始めるまでの間、持ってきたカメラを弄りながらひとしきりNikonマンセー談義をやっている。
(その間、私はせっせと薬品やらの準備)
今日は二人ともF3を持ってきて、私が理解できない話で盛り上がっていた様子だった。
私と言えばニコ爺以外の部員が増えないかな?と密かに考えている。。。
まぁでも、めっちゃ楽しいんだけどね(^^)

そうそう今日ふと思ったのだが
ニコ爺はボディもレンズもNikonという純潔主義なんだな。
35mmはM42マウントが基本の私はボディもレンズも様々だよ。

で、今日焼いたやつ
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970
(ネガスキャンでなく、プリントのスキャンだ)

紙焼きをスキャンしたので良くわからんが
実物はフィルムスキャンよりずっと良い
d0136460_20594624.jpg

d0136460_20594627.jpg

d0136460_20594680.jpg

[PR]
by aloha43 | 2013-06-29 21:10 | EL-Nikkor 75/4

源池銀塩プリント部(仮称)-時代を超えたネガ

今日は会社のメンバーで立ち上げた銀塩プリント部の第2回活動だった。
2回目にして初めて部員3人揃ったのだが、初回とは趣向を異にしたものになった。
初回は各々過去撮り溜めたネガを焼いていたが
今回は部員のお父さんが撮ったという、かなりの年代物ネガも焼いてみた。
この年代物ネガ、何時の物なのか?詳細には不明だが
ネガアルバムに24年という記載があったので、昭和24年頃ということだろう。
64年前か~
この時代、カメラを持っていることも珍しかったのではないだろうか?
さらに、とても素人とは思えぬ被写体だったりしているので
部員のお父さん、結構なお金持ちであったらしい。
ちなみに部員も部員のお父さんも東京在住だったとのことだ。

Camera:不明
Lens:不明
Film:不明
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970
(ネガスキャンでなく、プリントのスキャンだ)

日本人ではないようだから、恐らく進駐軍の兵士だろう
d0136460_1652249.jpg


部員曰く、お母さんではないとのことだ
この時代、このドレスにアクセサリー、ピアノと相当なお金持ちか?
d0136460_16522530.jpg


こんなアルバムに保存されていた。
d0136460_16561327.jpg

d0136460_16561270.jpg


銀塩プリントは64年の時間を一瞬で超えた。
現像液から像が浮かび上がった時、皆から思わず声が出たのだ。
何と素晴らしいことだろう。
今のJPGファイルは64年後写真として存在し得るのだろうか?
CDやDVDでは残っていない可能性が大きい。
銀塩プリントはどうだろうか?
それは神のみぞ知ることなのかもしれない。
[PR]
by aloha43 | 2013-06-09 17:08 | EL-Nikkor 75/4