人気ブログランキング |

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

源池銀塩プリント部(仮称)-楽しいわ(^^)

銀塩プリント部も第3回目の部会となった。
部員は自分を入れて3人で、私以外はニコ爺だ。
焼き始めるまでの間、持ってきたカメラを弄りながらひとしきりNikonマンセー談義をやっている。
(その間、私はせっせと薬品やらの準備)
今日は二人ともF3を持ってきて、私が理解できない話で盛り上がっていた様子だった。
私と言えばニコ爺以外の部員が増えないかな?と密かに考えている。。。
まぁでも、めっちゃ楽しいんだけどね(^^)

そうそう今日ふと思ったのだが
ニコ爺はボディもレンズもNikonという純潔主義なんだな。
35mmはM42マウントが基本の私はボディもレンズも様々だよ。

で、今日焼いたやつ
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970
(ネガスキャンでなく、プリントのスキャンだ)

紙焼きをスキャンしたので良くわからんが
実物はフィルムスキャンよりずっと良い
d0136460_20594624.jpg

d0136460_20594627.jpg

d0136460_20594680.jpg

by aloha43 | 2013-06-29 21:10 | EL-Nikkor 75/4

初めてのefke

曇りの安曇野三連水車はちょっと残念な結果だったが、気合いだけは過去最高だったかもしれない。
味をしめてしまった自分では成功と思っている前回の清流撮影では
思いつきではあるものの保険もかかったAcrosだったのよね。
Acrosはいかなる状況でもそれなりの結果を出してくれるハイパフォーマンスフィルムではあるが
出来上がりが何となく想像できてしまうのよ。
そこで、海の物とも山の物ともわからんし、扱い面倒そうな2本をチョイスした。
Rollei Retro80Sとefke R100
ね、気合い十分でしょ?

Camera:GF670W Professional
(Lens:EBC FUJINON 1:4.5 f=55mm)
Film:efke R100
Filter:C-PL
Process:R09 ONE SHOT 1:50 20℃ 10min
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

このフィルムのために硬膜化タイプの定着液と水洗促進剤を買ったのよ。
といっても大した金額じゃないけど。
d0136460_21243486.jpg

このフィルム、印象イイわ。
d0136460_21243612.jpg


曇りでこの成績。
いいじゃん、efke全種類買っとくか?
by aloha43 | 2013-06-26 21:29 | GF670W

安曇野の象徴 #teamfilm #現像

先週の清流モノクロに味をしめた訳でもないが、今週は早起きして大王わさび農場の3連水車へ。
またまたモノクロだ。
曇りの朝、陽の光も無く今回はちょっと微妙な出来だ。
光が欲しいところだな。

Camera:GF670W Professional
(Lens:EBC FUJINON 1:4.5 f=55mm)
Film:Rollei RETRO80S
Filter:C-PL
Process:R09 ONE SHOT 1:50 20℃ 14min
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

川に入ろうと思ったのだが、思ったより流れが速く断念
d0136460_16352040.jpg

d0136460_16352982.jpg


ベタな一枚
d0136460_16353435.jpg

by aloha43 | 2013-06-23 16:38 | GF670W

モノクロ+清流=いいんじゃない? #teamfilm #現像

うちから車で約40分、勤務先から10分そこそこの場所にこんな清流がある。
横堰橋という場所だが、実は歩くところも無く奥行きがない。
でも、アクセスの良さに対してネイチャー度が高いのは間違いないだろう。
今回、ちょっとチャレンジでモノクロでいってみたのだが、思った以上に気に入った。
はっきり言ってこういうの好きだ。
ここら辺はこういう景色に事欠かないし、ちょっとハマりそうな予感。

Camera:GF670W Professional
(Lens:EBC FUJINON 1:4.5 f=55mm)
Film:NEOPAN ACROS 100
Filter:C-PL
Process:NNC ND-76 1:1 20℃ 10.5min
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

良い光が来てたのを俺にしては捕えられてる方だろう
d0136460_2119204.jpg

by aloha43 | 2013-06-19 21:21 | GF670W

源池銀塩プリント部(仮称)-時代を超えたネガ

今日は会社のメンバーで立ち上げた銀塩プリント部の第2回活動だった。
2回目にして初めて部員3人揃ったのだが、初回とは趣向を異にしたものになった。
初回は各々過去撮り溜めたネガを焼いていたが
今回は部員のお父さんが撮ったという、かなりの年代物ネガも焼いてみた。
この年代物ネガ、何時の物なのか?詳細には不明だが
ネガアルバムに24年という記載があったので、昭和24年頃ということだろう。
64年前か~
この時代、カメラを持っていることも珍しかったのではないだろうか?
さらに、とても素人とは思えぬ被写体だったりしているので
部員のお父さん、結構なお金持ちであったらしい。
ちなみに部員も部員のお父さんも東京在住だったとのことだ。

Camera:不明
Lens:不明
Film:不明
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970
(ネガスキャンでなく、プリントのスキャンだ)

日本人ではないようだから、恐らく進駐軍の兵士だろう
d0136460_1652249.jpg


部員曰く、お母さんではないとのことだ
この時代、このドレスにアクセサリー、ピアノと相当なお金持ちか?
d0136460_16522530.jpg


こんなアルバムに保存されていた。
d0136460_16561327.jpg

d0136460_16561270.jpg


銀塩プリントは64年の時間を一瞬で超えた。
現像液から像が浮かび上がった時、皆から思わず声が出たのだ。
何と素晴らしいことだろう。
今のJPGファイルは64年後写真として存在し得るのだろうか?
CDやDVDでは残っていない可能性が大きい。
銀塩プリントはどうだろうか?
それは神のみぞ知ることなのかもしれない。
by aloha43 | 2013-06-09 17:08 | EL-Nikkor 75/4

お寺の門

前山寺へ三重塔を撮りにいったが
ここは門が印象的でその配置も絶妙だ。
でも立て札は艶消し。

Camera:PENTAX MZ-5
Lens:TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
Filter:-
Film:Arista Premium B&W 400
Process:R09 ONE SHOT (Rodinal) 1:50 20℃ 13min
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

結構な枚数撮ったが今一なのばっか。。。
d0136460_20502775.jpg

by aloha43 | 2013-06-08 20:53 | Tamron 28-75/2.8

続国宝八角三重塔

6x6で120フィルム2本撮ったが、極めて歩留まりが悪かった。。。
まぁあの光線状況じゃな、という言い訳もあるが
要は測光がきちんとできていないということだ。
シャドーが死んでるやつが続出する以上、本気で露出を考える必要ありだ。
(ってお前本気で考えとらんかったんか?)
ハイライトは成り行き次第でもいいかもしれんが
ディテールの欲しいシャドー部分をゾーン2、ゾーン3で確保できるようにしなきゃな。
そういう意味では全く考えて撮れとらん。

Camera:GF670W Professional
(Lens:EBC FUJINON 1:4.5 f=55mm)
Film:Kodak T-MAX 100 (100TMX)
Filter:-
Process:Kodak T-MAX Developer 1:4 20℃ 8min+10sec
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

d0136460_2219264.jpg

by aloha43 | 2013-06-06 22:32 | GF670W

国宝安楽寺八角三重塔??四重塔じゃなくて?

上田の安楽寺にある国宝八角三重塔だ。
この日はどんよりしちゃって、光線状態が良くなかったと最初に言い訳だ。
この三重塔自体が極めて個性的な塔であることはまぎれも無い事実だが
このお寺全体、何とも味わい深いものがある。
是非一度参拝されることをお勧めする。

Camera:GF670W Professional
(Lens:EBC FUJINON 1:4.5 f=55mm)
Film:Kodak T-MAX 100 (100TMX)
Filter:-
Process:Kodak T-MAX Developer 1:4 20℃ 8min+10sec
Scanner:SEIKO EPSON GT-X970

まずは全体像
ちょっと平凡な構図
だが、全体を撮りながらもっと良いアイデアあるなら教えて欲しい
d0136460_15541334.jpg


この時点でおかしいことに気付くはず
三重塔にしては屋根が多いぞ。。。
これじゃ四重塔じゃねーかって突っ込もうと思ったら
もう既に説明書きに書いてあった
「一番下の屋根は裳階〔もこし〕(ひさし)」だそうだ

ちょっとアップ
d0136460_162543.jpg


もっとアップ
d0136460_1623313.jpg


こんな光線状態でも
GF670Wと100TMXの組み合わせは善戦してくれた。
繊細な木造のディテールを出してくれたんではないだろうか。

実は今回の現像、ちょい失敗気味だった。
洗浄後取り出してみるとフィルムベースが結構赤い。
これがT-MAXで度々話題になるやつか?
原因については水洗だの色々言われているが
私としては定着液の疲労だと断言する。
水洗はいつも以上に念入りにやった。
ILFORD式の水洗だが排水の色を常に見ながらやっている。
今までとの違いを挙げるなら、定着液の疲労度しかない。
何せ、
疲労度チェックなどやったことない+処理本数を超えていた
からね。
by aloha43 | 2013-06-02 16:28 | GF670W